• くーちゃん

コロナウイルスの影響力

こんばんは。

コロナウイルスの猛威がとまりません。

トイレットペーパーがなくなったかと思えば、ニューヨーク市場の株価急落。

大の大人達が混乱し、右往左往しています。

受診するお子さんの中には、軽い症状でも、自分がコロナウイルスになったのではと心配して来る子もでてきました。

こんな状態が続いたら、コロナウイルスに心まで蝕まれてしまいます。

早く、はやく収束してほしい。

83回の閲覧

最新記事

すべて表示

出べそ(臍ヘルニア)の治療

おへそは、人目に触れないところなので親御さんが気にしていただく必要があります。 俗に"出べそ"と言われるものは、医学名では"臍(さい)ヘルニア"と言います。 "臍ヘルニア"は、10人に1人くらいいると言われており決して珍しいものではありません。 通常は、へその緒が取れて自然と奥に引きこもるものですが、生後2か月ごろから泣いたりお腹に力が入ったときにおへそが大きく飛び出してくる現象が"臍ヘルニア"で

年長さんのワクチン

年長(小学校入学前の1年間)さんになったら、接種してほしいワクチンは3つあります。 ①MR(麻疹風疹) ②おたふくかぜ  ③三種混合(百日咳予防) MRは定期接種なので公費で賄われるため費用負担はありません。 おたふくかぜと三種混合は任意接種となりますので費用が掛かります。 おたふくかぜは大きくなってかかると重症化することがあります。 例えば、男性の精巣炎、女性であれば卵巣炎の合併症を起こすことが

園医、学校医になりました!

いよいよ新年度が始まりました! 入園、入学を迎える皆様、おめでとうございます! さて私は、今年度より「あい保育園富士見ヶ丘」「水海道第6保育所」の園医、 「富士見ヶ丘小学校」の学校医となりました。 お子さんの体調が悪い時、健康について困ったときは是非ご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします!