人生±ゼロ

 生きていますと何かと厄介なことや辛く思えることもあります。

他人を見ていますと順風満帆のように見えてしまうこともあります。

しかし、順風満帆に見えても、決して本人は必ずしもそうではないものです。

私は、つらい時やどうにもやるせなくなった時、人生はプラスマイナスゼロだと

思うようにしています。つまり、最終的には帳尻が合うのだと。

今、辛く大変であればあるほど、後にそれ相当のいいことが待っている。

そう思えば、今辛く大変なことも乗り越えようという気になります。

また逆を言えば、うまくいっている時ほど何か大きな間違いをおかさないか注意を払うことは必要なのだと思います。

<