top of page

働くということ

連日コロナウイルス関連のニュースが途絶えることがありません。

ニュースの中で直接医療にかかわっている方やスーパーでなど感染リスクが高い仕事をされている方がおられます。

いろんな職業がありますが、どうしてもやりたくて今の仕事をしている人もいれば縁あって今の仕事をしている人もいるでしょう。

人はなぜ働くのか。

そう考えた時にまずは生活のため生きていくためというのはベースにあると思います。

その次にやりたかったことや社会のためとか色々理由はあると思います。

どのような仕事にしても大事なことはやりがいなんだと思います。

やりがいを感じない仕事をするのはつまらないものです。

なんでも思い通りにはいかないけれどいくらかでもやりがいや意義を感じてやっていくことは大事だと思うしそうありたいと思います。

生きる→働く→やりがい→充実感→人や社会の役に立つ→より自分が活きる∞

閲覧数:192回

最新記事

すべて表示

しばらく流行がなかったインフルエンザですが、年明けから急に増え始めています。 今や、発熱患者さんの半分以上はインフルエンザです。 インフルエンザは高熱、関節痛、ひどいのどの痛みなどの辛い症状のほか、重症化すると命にかかわる感染症です。 インフルエンザで重症化しやすいのは、とくに5歳未満の幼児です! 重症化を防ぐためにも、5歳未満の幼児、そのご家族はワクチン接種を必ず受けておきましょう! 当院はいっ

注射は、大人であっても嫌なものです。 子供さんの中には、本当に嫌で恐怖で逃げ出そうとする子もいます。(笑) 親御さんもお困りかと思います。 さて、そんな注射嫌いさんに救世主現るです。 救世主とは、注射を痛くなくする魔法のパッチがあるんです。 種明かしするとパッチに薬剤が塗ってあり局部麻酔をするというものです。 このパッチを使用すると針が刺さっても痛みを感じません(個人差はあります) ただ、注射の痛

bottom of page