• くーちゃん

回想~東日本大震災(4)

私が、災害派遣チームとして行った石巻、その医療拠点は石巻赤十字病院でした。

そう、東日本大震災の中で最も早く災害対策本部をつくり、第一線の災害拠点病院として有名となった病院です。よくテレビにも、でていましたよね。毎朝、私たち医療チームが集まっていた石巻赤十字病院のロビーには『人間を救うのは人間だ!』という赤十字のスローガンが掲げられていました。この時出会ったこの言葉に、今までの医師人生どれほど励まされ、勇気づけられてきたことでしょう。私の専門の新生児医療は、まさに1分1秒を争う世界。片手に乗るほどの超低出生体重児は、瞬時に病態を判断し適切な処置をしなければ亡くなってしまいます。400gの赤ちゃん。その子の注射針よりも細い血管に点滴をとる、数ミリしかない肋骨の間を切ってチューブを入れる、それを一刻も早くやらなければいけない救急の現場は足がすくみ、手が震えました。そんな場面でいつも私の背中をおしてくれたのが、この『人間を救うのは人間だ!』という言葉でした。自分がやらなくては!この子を救うのは私だ!この言葉に出会えたからこそ、私は今も医師として働いていられるのだと思っています。

172回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホップ!ステップ!ジャンプ!

当院は、明日12月29日をもって今年の診察を終えます。 9月1日に開院して、無我夢中でやってきました。 開院したばかりとは言うものの、行き届かないところなどあったのではないかと 反省するばかりです。 去年の今頃は、2020年は開院の年だと身の引き締まる思いで新年を迎えたことを覚えています。 まさか、コロナ等々々々。。。 こうも不測の事態が起こるとは思いもしませんでした。 そういえば、毎年年末になる

人生±ゼロ

生きていますと何かと厄介なことや辛く思えることもあります。 他人を見ていますと順風満帆のように見えてしまうこともあります。 しかし、順風満帆に見えても、決して本人は必ずしもそうではないものです。 私は、つらい時やどうにもやるせなくなった時、人生はプラスマイナスゼロだと 思うようにしています。つまり、最終的には帳尻が合うのだと。 今、辛く大変であればあるほど、後にそれ相当のいいことが待っている。 そ

Copyright © みらいの森キッズクリニック. All Rights Reserved.