• くーちゃん

回想~東日本大震災(4)

私が、災害派遣チームとして行った石巻、その医療拠点は石巻赤十字病院でした。

そう、東日本大震災の中で最も早く災害対策本部をつくり、第一線の災害拠点病院として有名となった病院です。よくテレビにも、でていましたよね。毎朝、私たち医療チームが集まっていた石巻赤十字病院のロビーには『人間を救うのは人間だ!』という赤十字のスローガンが掲げられていました。この時出会ったこの言葉に、今までの医師人生どれほど励まされ、勇気づけられてきたことでしょう。私の専門の新生児医療は、まさに1分1秒を争う世界。片手に乗るほどの超低出生体重児は、瞬時に病態を判断し適切な処置をしなければ亡くなってしまいます。400gの赤ちゃん。その子の注射針よりも細い血管に点滴をとる、数ミリしかない肋骨の間を切ってチューブを入れる、それを一刻も早くやらなければいけない救急の現場は足がすくみ、手が震えました。そんな場面でいつも私の背中をおしてくれたのが、この『人間を救うのは人間だ!』という言葉でした。自分がやらなくては!この子を救うのは私だ!この言葉に出会えたからこそ、私は今も医師として働いていられるのだと思っています。

181回の閲覧

最新記事

すべて表示

年長さんのワクチン

年長(小学校入学前の1年間)さんになったら、接種してほしいワクチンは3つあります。 ①MR(麻疹風疹) ②おたふくかぜ  ③三種混合(百日咳予防) MRは定期接種なので公費で賄われるため費用負担はありません。 おたふくかぜと三種混合は任意接種となりますので費用が掛かります。 おたふくかぜは大きくなってかかると重症化することがあります。 例えば、男性の精巣炎、女性であれば卵巣炎の合併症を起こすことが

園医、学校医になりました!

いよいよ新年度が始まりました! 入園、入学を迎える皆様、おめでとうございます! さて私は、今年度より「あい保育園富士見ヶ丘」「水海道第6保育所」の園医、 「富士見ヶ丘小学校」の学校医となりました。 お子さんの体調が悪い時、健康について困ったときは是非ご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします!

うれしいことがありました

私は、診察する際に気を付けていることは、具合が悪い患者さんは子供さんなので できるだけ子供さんに向き合い症状を聞くように心掛けています。 最近、お母さんから「くまさんの病院がいいと子供が言うものでつれてきました」という話を聞きました。 なかには、それで遠方からわざわざ当院まで受診に来ていただいた方もいらっしゃいました。 素直にうれしかったです。 患者さんである子供さんからご指名を受けるのは、何より

Copyright © みらいの森キッズクリニック. All Rights Reserved.