回想~東日本大震災(4)

私が、災害派遣チームとして行った石巻、その医療拠点は石巻赤十字病院でした。

そう、東日本大震災の中で最も早く災害対策本部をつくり、第一線の災害拠点病院として有名となった病院です。よくテレビにも、でていましたよね。毎朝、私たち医療チームが集まっていた石巻赤十字病院のロビーには『人間を救うのは人間だ!』という赤十字のスローガンが掲げられていました。この時出会ったこの言葉に、今までの医師人生どれほど励まされ、勇気づけられてきたことでしょう。私の専門の新生児医療は、まさに1分1秒を争う世界。片手に乗るほどの超低出生体重児は、瞬時に病態を判断し適切な処置をしなければ亡くなってしまいます。400gの赤ちゃん。その子の注射針よりも細い血管に点滴をとる、数ミリしかない肋骨の間を切ってチューブを入れる、それを一刻も早くやらなければいけない救急の現場は足がすくみ、手が震えました。そんな場面でいつも私の背中をおしてくれたのが、この『人間を救うのは人間だ!』という言葉でした。自分がやらなくては!この子を救うのは私だ!この言葉に出会えたからこそ、私は今も医師として働いていられるのだと思っています。

閲覧数:204回

最新記事

すべて表示

注射は、大人であっても嫌なものです。 子供さんの中には、本当に嫌で恐怖で逃げ出そうとする子もいます。(笑) 親御さんもお困りかと思います。 さて、そんな注射嫌いさんに救世主現るです。 救世主とは、注射を痛くなくする魔法のパッチがあるんです。 種明かしするとパッチに薬剤が塗ってあり局部麻酔をするというものです。 このパッチを使用すると針が刺さっても痛みを感じません(個人差はあります) ただ、注射の痛

最近困っていることがあります。 順番予約で順番が来てもご不在の場合、待合室は誰もいない状態になることがあります。 しばらくして、そのあとの患者さんが順番通りに来院され、不在だった方が遅れて入られると今度は、院内は混雑状態となります。 蜜を避けるという観点からもよくありませんし、結果的にすべての患者様を長くお待たせすることになってしまいます。 具合が悪い中、長くお待たせするのは本当に心苦しいです。