子供さんのスキンケア

 冬場の乾燥した季節になると特に小さなお子さんのお肌は荒れ気味になります。

いろんな原因があるので一概には言えませんが、基本的な話をします。

まず第一は清潔に保つことです。

体を洗うときは石鹸をよく泡立てて泡で洗うようにします。(ゴシゴシしない)

特に首回りや関節の部分などシワになりやすいところは念入りに!

そして、石鹸はしっかり洗い落とします。

石鹸が残っているとトラブルの原因です。

お風呂から上がったら、しっかり優しくふき取って水分が残らないようにしてください。

お肌は自分で保湿をしようとする能力を持っていますのでそれを補ってあげるために、

必要に応じてローションなど保湿剤を塗ります。

それとこの季節、部屋の中の加湿は大事です。

デリケートなお肌に乾燥は大敵です。

ママのお肌も潤います。

ご参考にしてください。

お肌のトラブルにお困りでしたら当院へお越しくださいませ。

141回の閲覧

最新記事

すべて表示

出べそ(臍ヘルニア)の治療

おへそは、人目に触れないところなので親御さんが気にしていただく必要があります。 俗に"出べそ"と言われるものは、医学名では"臍(さい)ヘルニア"と言います。 "臍ヘルニア"は、10人に1人くらいいると言われており決して珍しいものではありません。 通常は、へその緒が取れて自然と奥に引きこもるものですが、生後2か月ごろから泣いたりお腹に力が入ったときにおへそが大きく飛び出してくる現象が"臍ヘルニア"で

年長さんのワクチン

年長(小学校入学前の1年間)さんになったら、接種してほしいワクチンは3つあります。 ①MR(麻疹風疹) ②おたふくかぜ  ③三種混合(百日咳予防) MRは定期接種なので公費で賄われるため費用負担はありません。 おたふくかぜと三種混合は任意接種となりますので費用が掛かります。 おたふくかぜは大きくなってかかると重症化することがあります。 例えば、男性の精巣炎、女性であれば卵巣炎の合併症を起こすことが

園医、学校医になりました!

いよいよ新年度が始まりました! 入園、入学を迎える皆様、おめでとうございます! さて私は、今年度より「あい保育園富士見ヶ丘」「水海道第6保育所」の園医、 「富士見ヶ丘小学校」の学校医となりました。 お子さんの体調が悪い時、健康について困ったときは是非ご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします!