やりがい

働くうえで大事なのはやりがいだと前に書いたブログで申しました。

今まで働いてきて思うのは、大変なことや辛いこと思うようにいかないこと

それでもって、悩んでしまうこと。。。大なり小なりありました。

おそらくみなさんも同じご経験があるのではないでしょうか。

開院も9月に控えていろいろと思いめぐらすのですが、思うように、やりたいようにできないのは承知していますが、そんな中でいくらかでも思うようにできたらいいなと思います。

開院する地域の医療に貢献でき、特に新生児医療にも深くかかわってきましたのでその経験を生かして医療貢献出来たらいいなと思います。

赤ちゃんだった子がそのうち大きくなって高校生になっても来てくれるようなそんなクリニックでありたいと思います。

また、一緒に働いてくださるスタッフの方もやりがいをもって働けるイキイキとしたクリニックにしたいと思います。

建物もだいぶ姿かたちが完成に近づき準備を進めているとあらためて強く思いました。

198回の閲覧

最新記事

すべて表示

出べそ(臍ヘルニア)の治療

おへそは、人目に触れないところなので親御さんが気にしていただく必要があります。 俗に"出べそ"と言われるものは、医学名では"臍(さい)ヘルニア"と言います。 "臍ヘルニア"は、10人に1人くらいいると言われており決して珍しいものではありません。 通常は、へその緒が取れて自然と奥に引きこもるものですが、生後2か月ごろから泣いたりお腹に力が入ったときにおへそが大きく飛び出してくる現象が"臍ヘルニア"で

年長さんのワクチン

年長(小学校入学前の1年間)さんになったら、接種してほしいワクチンは3つあります。 ①MR(麻疹風疹) ②おたふくかぜ  ③三種混合(百日咳予防) MRは定期接種なので公費で賄われるため費用負担はありません。 おたふくかぜと三種混合は任意接種となりますので費用が掛かります。 おたふくかぜは大きくなってかかると重症化することがあります。 例えば、男性の精巣炎、女性であれば卵巣炎の合併症を起こすことが

園医、学校医になりました!

いよいよ新年度が始まりました! 入園、入学を迎える皆様、おめでとうございます! さて私は、今年度より「あい保育園富士見ヶ丘」「水海道第6保育所」の園医、 「富士見ヶ丘小学校」の学校医となりました。 お子さんの体調が悪い時、健康について困ったときは是非ご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします!