思うこと

更新日:2020年2月29日

しばらく前から開院のための場所選びや建物に関することで頭を悩ませてきました。

今もですが

建物に関するところはおおむね目途が立ってきました。

これからは、医院の中のこと、運営のことに力を入れていかなければなりません。

院長は、医師になってから小児科、特に新生児に大変興味を持ちました。

新たな命がこの世に誕生して必死に生きようとしていること。

生まれてきても早く生まれすぎてしまって自力では生きていけない。または病気や障害をもってこの世に誕生した赤ちゃん。

この世に誕生した命の息吹を何とかして助けてあげたい。その一心で今まで走り続けてきました。

まだまだ、続けていきたい!という気持ちは今もまだあります。

また、一方で育った赤ちゃんたちが大きくなっていく間を医療の面から診てあげたい。という思いもあります。

地域医療においては、特に茨城県は医師不足と言われています。

つくばみらい市はここ数年急速に人口が増えていますし、若い世代の方も増えています。

小児科は、特に不足しているのではないかと思います。

はやく、地域のみなさんにおなじみの小児科クリニックになりたいと思います。

184回の閲覧

最新記事

すべて表示

1周年

コロナ + インフル

長く雨の日が続きますが、最近は少し寒さを感じるくらいの気候になってきました。 新型コロナウイルスワクチン接種も10歳代の方がちらほら接種に来られるようになりました。 さて、そろそろインフルエンザワクチン接種の予約が始まるシーズンになってきました。 接種開始は、10月に入ってからの接種になりますが、予約開始は9月に入ってから始まります。 今年は、昨年に引き続きコロナウイルスが蔓延しておりますので、も