思うこと

最終更新: 2020年2月29日

しばらく前から開院のための場所選びや建物に関することで頭を悩ませてきました。

今もですが

建物に関するところはおおむね目途が立ってきました。

これからは、医院の中のこと、運営のことに力を入れていかなければなりません。

院長は、医師になってから小児科、特に新生児に大変興味を持ちました。

新たな命がこの世に誕生して必死に生きようとしていること。

生まれてきても早く生まれすぎてしまって自力では生きていけない。または病気や障害をもってこの世に誕生した赤ちゃん。

この世に誕生した命の息吹を何とかして助けてあげたい。その一心で今まで走り続けてきました。

まだまだ、続けていきたい!という気持ちは今もまだあります。

また、一方で育った赤ちゃんたちが大きくなっていく間を医療の面から診てあげたい。という思いもあります。

地域医療においては、特に茨城県は医師不足と言われています。

つくばみらい市はここ数年急速に人口が増えていますし、若い世代の方も増えています。

小児科は、特に不足しているのではないかと思います。

はやく、地域のみなさんにおなじみの小児科クリニックになりたいと思います。

171回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホップ!ステップ!ジャンプ!

当院は、明日12月29日をもって今年の診察を終えます。 9月1日に開院して、無我夢中でやってきました。 開院したばかりとは言うものの、行き届かないところなどあったのではないかと 反省するばかりです。 去年の今頃は、2020年は開院の年だと身の引き締まる思いで新年を迎えたことを覚えています。 まさか、コロナ等々々々。。。 こうも不測の事態が起こるとは思いもしませんでした。 そういえば、毎年年末になる

人生±ゼロ

生きていますと何かと厄介なことや辛く思えることもあります。 他人を見ていますと順風満帆のように見えてしまうこともあります。 しかし、順風満帆に見えても、決して本人は必ずしもそうではないものです。 私は、つらい時やどうにもやるせなくなった時、人生はプラスマイナスゼロだと 思うようにしています。つまり、最終的には帳尻が合うのだと。 今、辛く大変であればあるほど、後にそれ相当のいいことが待っている。 そ

Copyright © みらいの森キッズクリニック. All Rights Reserved.