1.小児科一般

小児科一般外来では突然の発熱、咳、鼻水などの気道症状を中心に、腹痛、頭痛、下痢、嘔吐などを診ます。これらの症状の原因として最も多いのは感染症です。院内にて、迅速検査(インフルエンザ・RSウイルス・溶連菌・アデノウイルス)と血液検査・尿検査を行い診断します。詳しい検査が必要な場合は、提携している検査会社に検査依頼をします。お子さんの体調不良に対し、的確な診断と治療を行います。

発熱の患者様には、必要に応じて新型コロナウイルスの検査も行っています。

 

2. 新生児内科

生まれてから1歳までの新生児期・乳児期は人生で最も体が成長し発達するとても大事な時期であり、それをサポートするのが新生児内科です。

病状や症状を表現できない赤ちゃんを新生児内科専門医として、多くの赤ちゃんを診てきた経験を生かして診療いたします。

また、赤ちゃんに関する親御さんの心配事やお困りごとなど、

例えば、母乳やミルクの量は足りているか、離乳食はいつ始めるかなどの栄養相談、体重の増え方、ウンチがでにくい、湿疹やよだれかぶれなどの皮膚のトラブル等、赤ちゃんのすべての相談に総合的に診療・アドバイスを行います。

病気かどうかわからないけど心配なこと、育児相談的な内容でも大丈夫です。

ささいなことでもご家族が不安に感じられた症状があれば是非ご相談ください。

 

3.予防接種

予防接種は毎年のように種類が増えたり、接種間隔が変わったり、毎年制度の見直しがされています。

特に1歳未満に接種しなければならない予防接種は多く、最初に予防接種計画を立てることが大切です。当院では、お子さんの予防接種スケジュール表をお作りし、次はどの予防接種をいつ接種したらよいかをご案内しています。

予防接種のスタートは生後2か月です。遅れることなくスタートすることが大事ですので、是非生まれたらなるべく早く予防接種の予約をとることをお奨めします。

また、予防接種には公費(無料)で受けられる定期予防接種、一部公費の補助がある任意予防接種がありますが、公費の補助を受けられる年齢は予防接種の種類によって異なります。

公費が適用される年齢を過ぎてしまうと自費になったり、接種が受けられない可能性もあります。お子さんの接種もれが心配な時は、母子手帳を持ってきていただければ接種もれのチェックさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

茨城県内にお住まいの方であれば定期接種を公費にて、当院で接種することができます。

 

4.乳児健診

健診は、お子さんの成長(体重・身長・頭囲)や発達(運動・言語・精神)が年齢相応に進んでいるかどうかをチェックする大事な機会です。

定期的な健診は、お子さんの健やかな成長のベースになります。

当院では、お子さんの成長をしっかりと確認し、親御さんのご心配事もうかがい丁寧な健診になるよう努めています。

 

5.アレルギー外来

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症などのアレルギーに対して、必要に応じてアレルギー検査を行い、お子様の症状にあった治療法を説明させていただき治療にあたります。

アレルギーはご家族で同じ症状を持っている方も多く、お子さんと一緒に親御さんも受診していただけます。

 

6.こどものスキンケア外来

赤ちゃんやこどもの皮膚はデリケートでバランスを崩しやすく、皮膚トラブルを起こしやすいものです。赤ちゃんの皮膚トラブルを放っておくと、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの原因となります。皮膚トラブルを防ぐためには、生後早期から正しい方法でスキンケアを行うことが大切です。正しい身体の洗い方、保湿の仕方などをアドバイスいたします。

 

7.便秘外来

ウンチがでない、ウンチが硬い、ウンチの前にお腹を痛がる等々、、、便秘の悩みを抱えるお子さんはたくさんいらっしゃいます。便秘は、お薬と生活習慣改善の両面から治療が必要な病気です。お薬に頼り続けるのではなく、最終目標はお薬の力を借りずに自然に便が出せる状態にすることです。お気軽にご相談ください。