うれしいことがありました

 私は、診察する際に気を付けていることは、具合が悪い患者さんは子供さんなので

できるだけ子供さんに向き合い症状を聞くように心掛けています。

最近、お母さんから「くまさんの病院がいいと子供が言うものでつれてきました」という話を聞きました。

なかには、それで遠方からわざわざ当院まで受診に来ていただいた方もいらっしゃいました。

素直にうれしかったです。

患者さんである子供さんからご指名を受けるのは、何よりも名誉なことだと思っています。

子供さんからご指名を受けるそんなクリニックでありたいと思っています。

また、その子供さんが中学生や高校生になっても当院を受診してくれて、結婚して出産して

その出産した子供さんも連れてきてくれる。

親しんで頼りにしていただけるといいなと思います。

そこまで続けられるように体力もつけて頑張らねばなりません(笑)。

閲覧数:518回

最新記事

すべて表示

注射は、大人であっても嫌なものです。 子供さんの中には、本当に嫌で恐怖で逃げ出そうとする子もいます。(笑) 親御さんもお困りかと思います。 さて、そんな注射嫌いさんに救世主現るです。 救世主とは、注射を痛くなくする魔法のパッチがあるんです。 種明かしするとパッチに薬剤が塗ってあり局部麻酔をするというものです。 このパッチを使用すると針が刺さっても痛みを感じません(個人差はあります) ただ、注射の痛

最近困っていることがあります。 順番予約で順番が来てもご不在の場合、待合室は誰もいない状態になることがあります。 しばらくして、そのあとの患者さんが順番通りに来院され、不在だった方が遅れて入られると今度は、院内は混雑状態となります。 蜜を避けるという観点からもよくありませんし、結果的にすべての患者様を長くお待たせすることになってしまいます。 具合が悪い中、長くお待たせするのは本当に心苦しいです。