top of page

出べそ(臍ヘルニア)の治療

おへそは、人目に触れないところなので親御さんが気にしていただく必要があります。

俗に"出べそ"と言われるものは、医学名では"臍(さい)ヘルニア"と言います。

"臍ヘルニア"は、10人に1人くらいいると言われており決して珍しいものではありません。

通常は、へその緒が取れて自然と奥に引きこもるものですが、生後2か月ごろから泣いたりお腹に力が入ったときにおへそが大きく飛び出してくる現象が"臍ヘルニア"です。

ある程度部位が大きくなっても1歳頃までには8~9割くらいは自然に治ります。

1歳を過ぎても治らないと手術をする必要があります。

大きな"臍ヘルニア"の場合は、自然治癒したとしても見た目がよくないことがあります。

大人になって、水着を着るときコンプレックスになってはかわいそうですし。。。

また、手術となればそれなりに大変でもあります。

その出べそ(臍ヘルニア)、きれいに治す方法があるんです。

それは、「圧迫療法」というものです。

おへそにフイルム状のものをはって内側へ戻すものです。

治療のポイントは、なるべく早く「圧迫療法」を開始することです。

お子様のおへそを見て気なるようでしたら、お早めにご相談ください。

閲覧数:286回

最新記事

すべて表示

待合室の絵本やおもちゃ

当院は開院時、新型コロナウイルスが流行していたこともあり絵本やおもちゃの設置をしませんでした。 新型コロナも5類に移行しましたが、絵本やおもちゃは設置しないことにしています。 お子様からすると待ち時間におもちゃや絵本があると退屈しないと思いますが、絵本やおもちゃは病原菌や病原ウイルスを感染させる媒体になりうるからです。 病気を治しにクリニックに来ているのにそこで病気をもらったのでは、元も子もありま

インフルエンザが流行しています!

しばらく流行がなかったインフルエンザですが、年明けから急に増え始めています。 今や、発熱患者さんの半分以上はインフルエンザです。 インフルエンザは高熱、関節痛、ひどいのどの痛みなどの辛い症状のほか、重症化すると命にかかわる感染症です。 インフルエンザで重症化しやすいのは、とくに5歳未満の幼児です! 重症化を防ぐためにも、5歳未満の幼児、そのご家族はワクチン接種を必ず受けておきましょう! 当院はいっ

Comments


bottom of page