出べそ(臍ヘルニア)の治療

おへそは、人目に触れないところなので親御さんが気にしていただく必要があります。

俗に"出べそ"と言われるものは、医学名では"臍(さい)ヘルニア"と言います。

"臍ヘルニア"は、10人に1人くらいいると言われており決して珍しいものではありません。

通常は、へその緒が取れて自然と奥に引きこもるものですが、生後2か月ごろから泣いたりお腹に力が入ったときにおへそが大きく飛び出してくる現象が"臍ヘルニア"です。

ある程度部位が大きくなっても1歳頃までには8~9割くらいは自然に治ります。

1歳を過ぎても治らないと手術をする必要があります。

大きな"臍ヘルニア"の場合は、自然治癒したとしても見た目がよくないことがあります。

大人になって、水着を着るときコンプレックスになってはかわいそうですし。。。

また、手術となればそれなりに大変でもあります。

その出べそ(臍ヘルニア)、きれいに治す方法があるんです。

それは、「圧迫療法」というものです。

おへそにフイルム状のものをはって内側へ戻すものです。

治療のポイントは、なるべく早く「圧迫療法」を開始することです。

お子様のおへそを見て気なるようでしたら、お早めにご相談ください。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

年長さんのワクチン

年長(小学校入学前の1年間)さんになったら、接種してほしいワクチンは3つあります。 ①MR(麻疹風疹) ②おたふくかぜ  ③三種混合(百日咳予防) MRは定期接種なので公費で賄われるため費用負担はありません。 おたふくかぜと三種混合は任意接種となりますので費用が掛かります。 おたふくかぜは大きくなってかかると重症化することがあります。 例えば、男性の精巣炎、女性であれば卵巣炎の合併症を起こすことが

園医、学校医になりました!

いよいよ新年度が始まりました! 入園、入学を迎える皆様、おめでとうございます! さて私は、今年度より「あい保育園富士見ヶ丘」「水海道第6保育所」の園医、 「富士見ヶ丘小学校」の学校医となりました。 お子さんの体調が悪い時、健康について困ったときは是非ご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします!

うれしいことがありました

私は、診察する際に気を付けていることは、具合が悪い患者さんは子供さんなので できるだけ子供さんに向き合い症状を聞くように心掛けています。 最近、お母さんから「くまさんの病院がいいと子供が言うものでつれてきました」という話を聞きました。 なかには、それで遠方からわざわざ当院まで受診に来ていただいた方もいらっしゃいました。 素直にうれしかったです。 患者さんである子供さんからご指名を受けるのは、何より