top of page

小児科って何歳まで診るの?

更新日:2020年2月29日

クリニックの看板に『小児科・新生児内科 オープン予定』と書いてありますが、それを見たお母さん方から、「先生は、赤ちゃんしか診ないんですか?」と聞かれることがあります。

いえいえ、そんなことはないです! 当院は小児科ですから、赤ちゃんから高校生くらいまでみんな診ます。

小児科医はみな、小児科医になって2,3年すると、小児科の中での専門分野を選びます。例えば、小児神経、小児循環器、、、など。

院長の場合、その専門が、新生児というわけです。

なので院長は、小児科専門医であり、なおかつ新生児科専門医でもあります。

当院が小児科・新生児内科としたのは、生まれて間もない赤ちゃんから、パパやママに背が追いつく中高生まで、守備範囲の広い小児科クリニックにしたいからです。


赤ちゃんはもちろん、大きなお子さんも、安心して来てくださいね!




閲覧数:349回

最新記事

すべて表示

しばらく流行がなかったインフルエンザですが、年明けから急に増え始めています。 今や、発熱患者さんの半分以上はインフルエンザです。 インフルエンザは高熱、関節痛、ひどいのどの痛みなどの辛い症状のほか、重症化すると命にかかわる感染症です。 インフルエンザで重症化しやすいのは、とくに5歳未満の幼児です! 重症化を防ぐためにも、5歳未満の幼児、そのご家族はワクチン接種を必ず受けておきましょう! 当院はいっ

注射は、大人であっても嫌なものです。 子供さんの中には、本当に嫌で恐怖で逃げ出そうとする子もいます。(笑) 親御さんもお困りかと思います。 さて、そんな注射嫌いさんに救世主現るです。 救世主とは、注射を痛くなくする魔法のパッチがあるんです。 種明かしするとパッチに薬剤が塗ってあり局部麻酔をするというものです。 このパッチを使用すると針が刺さっても痛みを感じません(個人差はあります) ただ、注射の痛

bottom of page